仕組みが命!一連の流れを確かめよう

通販物流にかかるコスト

インターネットなどの通販で、オーダーされた品物を取り揃えて梱包し配達するまでの部分を通販物流と言います。大手企業では自社の倉庫に大量の在庫を抱えて梱包し、宅配は業者に頼むところが多いです。 このときにかかる物流コストは企業にとって大きな経費となります。物流コストは大きく分けると支払物流コストと社内物流コストの2種類です。支払物流コストは輸配送費や倉庫などの家賃、流通加工費等で、社内物流コストは受注を受ける従業員や在庫管理から返品処理までを行う従業員などの人件費です。 支払物流コストや社内物流コストを割り出して合算すると、物流トータルコストと呼ばれます。どちらのコストもしっかりと把握することで、コスト削減を図ることができます。

通販物流会社への委託

支払物流コストを削減する方法の一つに、通販物流会社への委託があります。通販物流会社でできることは、大きく分けると商品の入荷から入庫、検品、保管までの作業と在庫管理、注文後の梱包、発送という4点です。その他オプションサービスとして、ラッピングサービスなどの流通加工や販促支援などがあります。
物流会社を選ぶ際には、輸送品質の向上や改善に一緒になって取り組んでくれるパートナーシップの精神を持っているか、というのが一つの基準となるでしょう。さらに荷主の業績向上や企業価値の向上に努めてくれる姿勢も欲しいところです。価格だけで選ぶと破損や破損クレームによって余計なコストが発生するばかりか、会社の評判を落とすことになりかねませんので気をつけましょう。